みちのわくわくページ

○ 外国映画  バットマン

ダークナイト ライジング、 ダークナイト、 バットマン・ビギンズ

ダークナイト ライジング THE DARK KNIGHT RISES
2012年 アメリカ 164分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:出演:ブルース・ウェイン/バットマン(クリスチャン・ベール)、セリーナ・カイル(アン・ハサウェイ)、アルフレッド(マイケル・ケイン)、ジェームズ・ゴードン市警本部長(ゲイリー・オールドマン)、ジョン・ブレイク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、フォーリー市警副本部長(マシュー・モディーン)、ベイン(トム・ハーディ)、ミランダ・テイト(マリオン・コティヤール)、ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)、ジョナサン・クレイン(キリアン・マーフィ)、ゴッサム市長(ネスター・カーボネル)
★ねたばれあり★
ハービー・デント検事の死から8年。彼にちなんで名付けられたデント法の施行によって、ゴッサム市の治安は守られていた。バットマンはデント殺しの罪を負って姿を消し、ウェインも人前に出るのを止め屋敷に引きこもっていた。
ある日、メイドを装った謎の女が屋敷に侵入し、ウェインの母の形見のネックレスを盗む。が、彼女の真の目的は金庫についていたウェインの指紋だった。彼女の雇い主が指紋を悪用して投資を行い、ウェインは破産の憂き目にあう。敵の狙いは彼の会社が開発した、クリーンエネルギー製造機のエネルギー源となる核燃料を殺人兵器として利用することだった。ウェインに好意を持つ女性実業家ミランダが彼の事業を引き継ぐが、陰謀の首謀者であるテロリストのベインは、核燃料を奪って町を爆破しようとする。彼らの手から町を守るため、ウェインは再びバットマンとなる。
謎の女は、セリーナ・カイルという女盗賊。黒いコスチュームを身にまとい、単独で仕事をする彼女と、バットマンをヒーローと信じ、その正体を見破っている警官ブレイクが、ウェインに協力する。この若い二人もいいのだが、レギュラーのおじさんたちも相変わらず見せてくれる。執事のアルフレッドは少々悲しげな役回りで味を出しているが、なんといっても市警本部長となったゴードンが目立つ。町の平和のためとはいえ、バットマンを悪役に仕立てデントの死の真相を隠し続けてきた彼は、警官魂を発揮して、ベインらの手から町を守ろうと奮闘する。
後半、ベイン一味による町の封鎖から爆破に至る畳みかけがすごい。ベインにより、怪我を負って囚われの身となったブルースは、かつてベインが投獄されていた「奈落」と呼ばれる牢獄へ送られる。警官隊は敵の罠にはまって地下水路に閉じこめられ、市の有力者たちは一方的な裁判でことごとく有罪を言い渡される。外部からの助けを望めない中、ゴードンはブレイクと共に動く。地下から解放された警官隊とベインの一隊は街中の路上で向き合い、激しい戦闘を繰り広げる。一方、獄中で力を取り戻し、囚人たちの助言を得て牢獄を抜け出したウェインは、町を救うため、ゴッサムに戻ってくる。
ラスト、バットマンは核爆弾を抱えて一人で飛び立って行く。私はどうもこうした自己犠牲の話には抵抗を感じてしまうのだが、その後いろいろあったのでほっとした。
はっきり言って長い。前作でも感じた、もう少し話をすっきりさせればいいのにという思いは今回もある。しかしながら、見せ場はいくつもあり、脇役もいいし、ダイナミックな映像をたっぷり楽しめる。(2012.8)

このひと言No.55:「ヒーローとは、率直で人を勇気づけることができる男、哀れな少年の肩にコートを掛けてやり、世界の終わりってわけじゃないとおしえてやれるような男のことだ。」

ダークナイト THE DARK KNIGHT
2008年 アメリカ 152分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:出演:ブルース・ウェイン/バットマン(クリスチャン・ベール)、アルフレッド(マイケル・ケイン)、レイチェル・ドーズ(マギー・ギレンホール)、ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)、フォックス(モーガン・フリーマン)、ジョーカー(ヒース・レジャー)、ハービー・デント検事/トゥー・フェイス(アーロン・エッカート)、マローニ(エリック・ロバーツ)、ゴッサム市長(ネスター・カーボネル)、スケアクロウ(キリアン・マーフィ)
「ダークナイト・ライジング」公開に先立ち、テレビ放映したのを見た。
★ねたばれあり★
タイトルの「ナイト」は、夜ではなくて騎士の意。つまり「黒騎士」である。「バットマン」という存在あるいは映画シリーズの持つ暗く陰鬱な部分をどしどし押し広げて、闇のヒーローというイメージをますます強固なものにしようという目論見に終始しているような一本。
第1作「バットマン・ビギンズ」では、クリスチャン・ベールがかなりよかった印象があるのだが、2作目は、脇役たちに出番を譲って、少々控え目である。
今は亡きヒース・レジャーのジョーカーが大評判だが、危ない悪役を嬉々として演じている。ビルの壁面で逆さづりになって毒づくところなど、見ている方も悪の快感に身を委ねてしまう。
絵に描いたようなブロンドのアメリカの英雄デントが、前半垣間見せた闇の部分を、ツーフェイスとなったことでついに開花させてしまい、堕ちていく様子もダークである。
ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンら脇役レギュラーのおじさんたちがそれぞれいい。
話をわざわざわかりづらくしている感があるので、もう少しストレートな方が見やすいのではと思った。(2012.7)


バットマン・ビギンズ Batman Begins
2005年アメリカ 140分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:ブルース・ウェイン/バットマン(クリスチャン・ベール)、アルフレッド(マイケル・ケイン)、ヘンリー・デュガード(リーアム・ニーソン)、レイ チェル(ケイティ・ホームズ)、ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)、フォックス(モーガンフリーマン)、クレイン(キリアン・マーフィ)、ファル コーニ(トム・ウィルキンソン)、アール社長代理(ルトガー・ハウアー)、ラズ・アル・グール(渡辺謙)
闇のヒーロー、バットマンが誕生するまでの物語。
幼い頃両親を辻強盗に殺された大富豪の一人息子ブルース・ウェインは、成長して放浪の旅に出る。彼は、自ら犯罪者となり、人の暗黒面を追求し、ヒマラヤの山奥で修行を積んだ後、故郷ゴッサム・シティに戻って「バットマン」とな る。 何故こうもりなのか、豪邸の地下の秘密基地やお馴染みのコスチュームや車はどうしてできたのかなどが事細かに説明され、辻褄合わせと言われるかも知れないが、この理屈づけはなかなか楽しい。 主演のクリスチャン・ベールは、一見、大金持ちで能なしのプレイボーイというウェインの仮の姿に即した容貌をしているが、彼の真の姿である暗い過去を持つ孤高のヒーローを演じて見応えがある。
マイケル・ケインが頼りがいのある執事を演じてウェインの救いとなっている。ニーソンは、「スター・ウォーズ エピソードT」と同様の役周りだが、ここでは師は師でもダークサイドの指導者。渡辺謙は出番が少なくてちょっと残念だった。 モーガン・フリーマンは、いつものモーガン・フリーマンの役で、ゲイリー・オールドマンは、けれんみのある役が多い彼には珍しく心正しい老刑事役を渋く演じ、それぞれに味を出している。こわれ気味の若い神経医クレインもいい。ア クションとは無縁の嫌味な社長代理役だったが、ルトガー・ハウアーを久しぶりに見られたのもうれしい。(2005.6)

映画ページ扉へ戻る

トップページへ戻る