おいかけ ★みちのわくわくページ★ 
WU
西部劇ファンの集まり(旧ホームページ)
★新HP「ウエスタン・ユニオン 西部劇ファン、最強・最後の砦」はこちら
ライブシネマ イベント撮影・PRビデオなら
ライブシネマ
 このひと言 心に残ったセリフ集
えいが映画のページ ほん本のページ 
映画の索引  本の索引
西部劇  タイムトラベル
 飛行機もの まんが 
○みちの雑記帳(はてなダイアリー)  
映画館で西部劇「駅馬車」「リオ・ブラボー」「ワイルドバンチ」を見る(2014.10.5)
NHKドラマ「ロンググッドバイ」と映画「ガントレット」の冒頭とハードボイルドについて(2014.5.24)
「用心棒」の西部劇(2013.6.22)
★「ONE PIECE」と「次郎長三国志」(2011.11.14)

★ミステリ・マガジン7月号にはゲゲゲと西部劇が混在!(2011.5.30)
★山の中の映画ミュージアム「詩音眞」(しねま)を訪ねる (2010.11.7)
★逢坂剛氏らと西部劇について語る(2008.5)
★逢坂剛氏の公開講座「西部劇よ永遠に! 決闘の魅力」に行く(2007.10)
★ 「千の風になって」とジョン・ウェイン(2007.7)
★ギムレットには早すぎる「ロング・グッドバイ」(2007.3)
☆自動車教習所日記 
 ○リンク  ○プロフィール
おいかけ  ☆

活劇ノート   

このページでは、アクション映画や小説(冒険、ハードボイルド、SF等)をメインに、私がわくわくしながら楽しんだ作品を紹介しています。
西部劇、タイムトラベルものなどの特設コーナーもあります。 
好きなものについて書いているので、基本的にけなしてはいません。
拙い感想ですが、よろしく。

(※新作映画や最近読んだ本については、はてなダイアリーのブログ「みちの雑記帳」などの内容とほぼ同じものを載せています。)

<移転について>
ジェイコムのウェブ・サービス停止により、2016年12月23日、ロリポップのドメインに移転しました。こちらでもよろしくお願いします。


えいが 映画のページ(更新記録)
<最近見た映画>新
レディ・プレイヤー1  ピーターラビット
スリー・ビルボード シェイプ・オブ・ウォーター 15時17分発、パリ行き

ダークタワー スター・ウォーズ 最後のジェダイ
ブレードランナー2049 
霊的ボリシェヴィキ

いぬむこいり、 なりゆきな魂
マグニフィセント・セブン
イップ・マン シリーズ
涙の数だけ笑おうよ 林家かん平奮闘記
カントリー・サンデー
名探偵コナン・劇場版シリーズ
ドラゴン・タトゥーの女<原作小説と映画2作の内容の違いについても記載>

ほん
本のページ(更新記録)

<最近読んだ本>
狂うひと――「死の棘」の妻・島尾ミホ(梯久美子)
フロスト始末(ウィングフィールド) 
コンビニ人間(村田沙耶香)
「世界遺産」20年の旅(高城千昭)
流しの公務員の冒険 霞が関から現場への旅(山田朝夫)
大空のサムライ−帰らざる零戦隊−(坂井三郎) 零戦少年(葛西りいち)

キングダム(〜40巻)(原泰久)  蒼天航路(李學仁・王欣太)
ONEPIECE ワンピース(41巻)(尾田栄一郎)
DEATH NOTE デスノート(大場つぐみ・小畑健)

幕末小説 幕末年表・人物リスト

●ジャンル
<小説>ミステリ ハードボイルド 歴史・時代(幕末 古代中国・武侠ほか) 小説一般 文学・古典 冒険 西部小説 児童書・ヤングアダルト ライトノベル コミック SF(タイムトラベルSF ファンタジー) 怪(ホラー)
<小説以外>文系本:歴史・社会・経済ほか 理系本:生物・科学・数学ほか 芸能・スポーツ:映画 スポーツ(野球)  
→ジャンル別インデックスへ

西部劇
★ウェスタン・ユニオン メンバーによるアンケート結果発表 例会報告
<映画>
ある決闘 セントヘレナの掟、 マグニフィセント・セブン、 ジェーン、 レヴェナント 蘇りし者
ヘイトフル・エイト

<本>
オンブレ 3時10分発、ユマ行き(エルモア・レナード著 村上春樹訳)
果てしなき追跡(逢坂剛)(2017.4)

荒野のホームズ(スティーヴ・ホッケンスミス)
シスターズ・ブラザーズ(パトリック・デウィット) 
アリゾナ、ユタ 西部劇の大地を往く(原川順男)
イタリア人の拳銃ごっこ マカロニ・ウエスタン物語(二階堂卓也)
 

○みちの雑記帳(はてなダイアリー)
☆ 自動車教習所日記 ○リンク 
○プロフィール

<お断り>
映画に関するデータ(原題、製作年、監督、出演など)は、パンフレット、ビデオカタログ、IMDb他関連書籍や関連サイトのデータを参考にさせて頂きまし た。
本については、タイトル後の数字は初出年(翻訳書は原本の出た年)、出版社や文庫名は復刻版を含め私が読んだものを示したので、他の出版社からも出ている ものや絶版のものもあります。

紹介している作品の選出は、管理人である私(michi)の個人的な好みによるものです。
”みどころ”としているものも、あくまでも私にとっての”みどころ”なので、「え〜、これのどこが」と思われる方もきっといらっしゃることでしょうが、な にとぞご了承下さい。
自分で実際に観たり読んだりしたものを紹介していますが、それからかなりの歳月がすぎているものもあり、自分でもあきれるほどものを忘れる性格なので、内 容の説明についてもパンフレットなどの解説やあとがきに頼っている部分もあります。事実と異なっているところがありましたら、申し分けありませんが、ご指 摘下さるとありがたいです。

ほとんどの文章は私が書いたものです。他の人に頼んで書いてもらったコメントは文末に署名を入れています。作品の引用もその旨記してありますので、無断で 使用することはお避け下さい。(2003.3)

※管理人への連絡は、こちらまで。 
michiiwaji★gmail.com ←★を@に変えてメールを送信してください。

enter画面へ戻る