みちのわくわくページ

西部劇 イタリアの西部劇

<製作年順>
荒野の用心棒、 荒野の1ドル銀貨、 続・荒野の1ドル銀貨、 続・荒野の用心棒、 真昼の用心棒、 夕陽のガンマン、 続・夕陽のガンマン、 南から来た用心棒、 荒野の大活劇、 夕陽のギャングたち

荒野の用心棒 Per un Pungno di Dollari (The Fistful of Dollars)
1964年イタリア 100分
監督:セルジオ・レオーネ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:クリント・イーストウッド、ジャン・マリア・ヴォロンテ、マリアンネ・コッホ
「おれは真ん中だ」という台詞で有名な「血の収穫」ネタ(対立する二つの組織をぶっつけて共倒れにさせようという話)のマカロニ・ウェスタン。
黒澤明監督の「用心棒」の翻案で、見比べるとおもしろい。日本の田舎の家屋に見られた柴の束がメキシコ風の家の中にも設置されていたり、床下を逃げるとこ ろがサイドウォークの下になっていたり、など、細部までかなり真似をしていることがわかる。
イーストウッドのぎとぎとした男っぽさと、モリコーネの音楽が見事にマッチして、実にかっこいい。(2004.6)


荒野の1ドル銀貨 Un Dollaro Buccato (One Dilver doller)
1965年 イタリア 95分
監督:カルヴィン・J・パジェット
音楽:ジャンニ・フェリオ
出演:ゲーリー・オハラ(ジュリアーノ・ジェンマ)、ジュディ(イブリン・スチュアート)、マッコリー(ピエール・クロス)
ゲーリーは、撃たれたとき、胸ポケットに入っていた1ドル銀貨のおかげで銃弾が止まり死なずにすんだ。彼は、殺された弟の復讐に赴く。
初めて見たマカロニ・ウェスタンで、ひげ面でもジュリアーノ・ジェンマは男前だと思った記憶がある。(2004.6)


続・荒野の1ドル銀貨 IL Ritorno di Ringo (Ringo Rides Again / The Return of Ringo)
1965年 イタリア/スペイン 100分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ、ジョージ・マーティン、ロレッラ・デ・ルーカ、アントニオ・カザス、フェルナンド・サンチョ
虐げられた主人公が忍苦の時を経て蘇り、自分を陥れた悪党をやっつける。という定番のお話なのだが、逆境に ある場面があまりにも長く、ジェンマは映画の大半を毛布をまとった小汚い格好で過ごす。
ようやく、ついに、とうとう、軍服姿の彼が戸口に颯爽と逆光で立ったとき、映画の残り時間がほんのわずかしかないことに気づいて驚いた記憶がある。
テレビのカット版だったせいもあると思うが、それでもやっぱりかっこいい場面はだいぶ短かったのではないだろうか。(2004.6)


続・荒野の用心棒 Django
1966年 イタリア/スペイン 92分
監督:セルジオ・コルブッチ
出演:フランコ・ネロ、ロレダナ・ヌシアック、ホセ・ボダロ、アンジェル・アルバレス、エドゥアルド・ファヤルド、ジーノ・ベルーチ
ぬかるんだ道を主人公のジャンゴが棺桶を引きずって現れる冒頭で完全に心をわしづかみにされた。
ガトリング銃の乱射から十字架を利用した最後の仰ぎ撃ちまで、暗く陰鬱に湿ったマカロニ・ウェスタンの雰囲気は全く途切れることがない。
それがなんでいいのかわからないが、とにかく快感だ(2004.6)


真昼の用心棒 Tempo di Massacro (Massacre Time)
1966年 イタリア 93分
監督:ルチオ・フルチ
音楽:ラッロ・ゴーリ、セルジオ・エンドリゴ
出演:フランコ・ネロ、ジュゼッペ・アドバッティ、ニーノ・カステルヌオーヴォ
鞭の多用によるバイオレンス描写、残虐なボス、隠された血縁関係などが入り乱れるこてこてのマカロニ・ウェ スタン。(2004.6)

夕陽のガンマン Per Qualche Dallaro In Piu (For a Few Dollars more)
1966年 イタリア 132分
監督:セルジオ・レオーネ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ、クラウス・キンスキー、
二人の賞金稼ぎの対立と友情を描くマカロニ・ウェスタン。
リー・ヴァン・クリーフが渋い。(2004.6)


続・夕陽のガンマン Il Buono.Il Brutto. Il Cattivo (The Good, the Bad and the Ugly)
1966年 イタリア 155分
監督:セルジオ・レオーネ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:クリント・イーストウッド、リー・バン・クリーフ、イーライ・ウォラック
三人の男たちの虚々実々の駆け引きをユーモアを交えて描いた。
いつにもまして、ひげ面のむっさい男たちのアップが目に付く。
特にラストの三者対峙の場面はかなりしつこい(けなしているわけではない)。(2004.6)


南からきた用心棒 Arizona Colt
1966年 イタリア/フランス/スペイン 112分
監督:ミケーレ・ルーポ
音楽:フランチェスコ・デ・マージ
出演:アリゾナ・コルト(ジュリアーノ・ジェンマ)、ゴルドー(フェルナンド・サンチョ)
山賊のボスに両手両足を打ち抜かれた男が、復讐に立ち上がる。
アリゾナ・コルトというべたな名前が印象に残る。
主題歌の英語が非常に聴き取りやすかったことも覚えている。
He came out of nowhere with no one beside of him…とかいったような気が。(2004.6)


荒野の大活劇 Vivi o Preferibil Mente Morti (Dead or Alive / Alive of Preferably Dead)
1969年 イタリア/スペイン 102分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
音楽:ジャンニ・フェリオ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ、ニーノ・ベンベヌーティ、シドニー・ローム、アントニオ・カザス
マカロニ・ドタバタ痛快コメディ・ウェスタンという珍しい一品。
遺産相続のため西部にやってきた東部の男が、田舎者の弟と愉快な道中を繰り広げる。(2004.6)


夕陽のギャングたち Giu La Testa (A Fistful of Dynamite)
1971年 イタリア 156分
監督:セルジオ・レオーネ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ファン・ミランダ(ロッド・スタイガー)、ジョン・マロリー(ジェームズ・コバーン)、ビィエガ(ロモロ・ヴァリ)
メキシコ革命を背景に、革命の闘士マロリーと山賊のミランダとの男の友情を描く。(2004.6)

「西部劇」トップページへもどる
トップページに戻る