みちのわくわくページ

○ 映画(〜2000年) は行

<あいうえお順>
幕末太陽傳(1957)、 花と嵐とギャング(1961)、 反逆児(1961)、 美女と液体人間(1958)、 人斬り与太(1974)、 「無頼」より大幹部(1968)、 火垂るの墓(1988) 、 慕情(1955)

美女と液体人間
1958年 日本 東宝 87分
監督:本多猪四郎
特撮監督:円谷英二
出演:新井千加子(白川由美。ナイトクラブの歌手)、政田(佐原健二。生物化学助教授)、富永(平田昭彦。警視庁刑事)、真木博士(千田是也)、内田(佐藤充。麻薬密売人)、三崎(伊藤久哉。麻薬密売人)
ケーブルテレビで録画したのを見る。
麻薬密売人の三崎が雨の夜、麻薬の入った鞄を置き、衣服を脱ぎ捨てたまま、失踪する。
海上での原爆実験時に近くに居合わせた漁船の乗組員が、放射能の影響で「液体人間」となって、本土に上陸し、人を襲っていたのだ。
液体人間に襲われた人間は溶けてしまい、身に着けていた衣服や靴がそのままの状態で残される。得体のしれないものが、雨と共に排水溝に流れて逃れる描写は、なかなか不気味だ。
三崎の愛人で、ナイトクラブ歌手の千加子が警察に呼ばれて尋問されるが、彼女は何も知らない。
液体人間が引き起こす騒ぎに、麻薬密売事件が絡んで、なかなか興味深い。
科学者が出てきて、実験と理論で真相を解き明かしていくのだが、がまの実験など、てきぱきとしてチープな感じがなんともなつかしい。子どものころ見た、怪獣が出てこない怪奇怪物SFテレビシリーズ「怪奇大作戦」や「ウルトラQ」を思い出させ、当時の怖がりつつもわくわくした気持ちがよみがえってきた。
密売人仲間の佐藤充が加奈子を車で連れ去り、それを佐原健二が車で追う、怪物話とは直接関係ないカーチェイスなどもあって楽しかった。地下水道での追跡や怪物との対決、水上で燃え広がる炎なども、どこかで見たようなシーンだと思いつつ、見応えがあっておもしろかった。(2013.8)

同様映画:[東宝の変身人間シリーズ「電送人間 」(1960)、「ガス人間第1号」 (1960)]、「マタンゴ」(1963)、「透明人間」(1954)

「無頼」より大幹部
1968年 日本 日活 95分
監督:桝田利雄
原作:藤田五郎「無頼」
脚本:池上金男、久保田圭司
出演:藤川五郎/人斬り五郎(渡哲也)、橋本雪子(松原千恵子)、辻川猛夫(浜田光夫)、辻川勇(川地民夫)、鈴本(藤竜也)、杉山勝彦(町田京介)、杉山夢子(松尾嘉代)、水原(水島道太郎)、上野(青木義朗)、松田(戸田皓久)、ドス健(深江章喜)、島本久造(高品格)、信子(吉田志津子)、カトレアのママ(富永美沙子)

知人がFBでユーチューブに上がっているのを紹介していたので、ちょっとのぞくつもりが全編見てしまった。
渡哲也が、過酷な環境に生まれ、やくざにならざるを得なかったグッド・バッド・マンの青年五郎をたいへん魅力的に演じている。河地民夫が、五郎の子分の猛夫の兄で、敵の組の幹部の洒落物のやくざを演じてかっこいいが、あまり見せ場がないのが残念。(2016.10)
<無頼シリーズ>
「無頼」より 大幹部(1968) シリーズ第1作
大幹部 無頼(1968) シリーズ第2作
無頼非情(1968) シリーズ第3作
無頼 人斬り五郎(1968) シリーズ第4作
無頼 黒匕首(くろドス)(1968) シリーズ第5作
無頼 殺(バラ)せ(1969) シリーズ第6作


慕情 LOVE IS A MANY-SPLENDORED THING
1955年 アメリカ 102分
監督:ヘンリー・キング
原作:ハン・スーイン
音楽:アルフレッド・ニューマン
出演:ハン・スーイン(ジェニファー・ジョーンズ)、マーク・エリオット(ウィリアム・ホールデン)、アデリーン・パーマー=ジョーンズ(イソベル・エルソム)、ハンフリー・パーマー=ジョーンズ(トリン・サッチャー)、ジョン・キース医師(マーレイ・マシソン)、アン・リチャーズ(ヴァージニア・グレッグ)、ロバート・ハン(リチャード・ルー)、ノラ・ハン(スー・ヨン)、スザンヌ(ジョージャ・カートライト)、スーチェン(ドナ・マーテル)

図書館でDVDを借りてみる。
言わずとしれた恋愛映画の古典的名作。冒頭、有名すぎるテーマ曲が流れるだけで、意味もなく感極まる。
1949年の香港。イギリス人と中国人のハーフの女医ハン・スーインは、軍人だった夫を亡くし、研修医として香港の病院で働いている。彼女は、パーティでアメリカ人の新聞記者マーク・エリオットと知り合う。マークにはシンガポールに住む妻がいたが、二人は恋に落ちてしまう。
海水浴デートの際に二人は湾の向こう岸の知人の家まで泳いでいく。この泳いでいって海から訪問というのがよかった。
二人は、病院の裏の丘の上に立つ一本の木の下で会う約束をする。この丘と木が2人の思い出の場所となり、最後のここでのシーンはなんとも切なくてよい。
中国人としての自分を主張するスーインは、マークと言い争うが、彼女の中国人の家族たちはどうもよくわからない人々として描かれていて、中国人の扱いがあいまいなのは残念だった。(2017.5)

映画のページ扉に戻る

トップページに戻る