みちのわくわくページ

本 本 歴史 (研究・評論)

かたき討ち 復讐の作法(氏家幹人)
清水次郎長−幕末維新と博徒の世界(高橋敏)
それからの海舟、幕末史(半藤一利)
<著者姓あいうえお順>

かたき討ち 復讐の作法
氏家幹人著(2007年)  中公新書
時代劇に出てくる敵討(かたきうち)と言えば、白装束に身を包んだ若い女とその幼い弟などがいかにも返り討ちに会いそうなあぶなっかしい手つきで短刀かな んか構えて、案の定いかにも悪そうな仇にやられそうになるところに、ヒーローが助太刀に駆けつける、といったイメージがある。というかそういうイメージし かない。どうやら、敵討ちというものが公に認められていたらしいのだが、実際はどのようなしくみだったのか、というと全然わからなかった。しかし、復讐 は、時代劇に限らず、東西今昔を通して、活劇の大きなテーマのひとつである。
本書は、江戸時代の人々がどのように恨みを晴らし、幕府はどのような規則を設けて、人々の復讐を管理していたかといった、日本の近世における敵討の歴史 を、資料に基づいてわかりやすく解説しているという、興味深い本である。
以下、本書で紹介している敵討の方法や、取り決めなどについてまとめてみた。「討手(うちて)」は、復讐者、敵討をする人のこと。
うわなり打(後妻打)。離縁された前妻が、後妻に対して恨みをはらす敵討ち。室町から江戸初期にかけて形骸化したというが、前妻が知人の女たちに助っ人を 頼んで、後妻の待つ家を襲撃、竹刀で台所のものをこわしまくるという内容は、おもしろい。
さし腹。恨む相手を名指しして切腹をするというもの。名指しされた相手は、取り調べで死んだ者の言い分が正しいと判断されたら切腹しなければならない。非 力な者にとっては確実に相打ちに持ち込めることのできる方法として有効だったという。
太刀取り。敵が逮捕され処刑される際、討手に手を下させてやること。
衆道敵討。衆道は男色のこと。男色をめぐる色恋沙汰による敵討が多かったという。
敵持。敵として追われる立場の者のこと。江戸時代初期までは、大名など力のある者が敵持をかくまい保護することをよしとする風習があったらしい。かくまれ た敵持は、囲い者と呼ばれた。
敵討の許可。時代や場所(それぞれの藩主の考え方にもよる)によって違いはあるが、幕府が敵討と認めるのは、主君、父、伯父、兄など目上の者が殺され た場合で、子、弟、女兄弟の場合は認めないことが多かったという。
妻敵討(めがたきうち)。浮気した妻と相手の男に対する夫の制裁。「公事方御定書」(1742年に徳川吉宗の治世に定められた江戸幕府の法典)の下巻「御 定書百箇条」で、密通した男女は死罪、二人を殺した夫は無罪、と定められている。
敵討の手続き。合法的に敵討をするためには、一連の手続きが必要だった。まず、主君の許可を得て敵討の免状を受ける。他領に出るには、主君が幕府の三奉行 所に敵討の届け出を提出、町奉行所はこれを受けて所定の帳簿に記載する(帳付)。討手は、町奉行から敵討の許可証である謄本を受け取る。敵を発見したら現 地の役所に届けて許可を請う。役所は敵とされる者を捕らえ幕府に伺いをたてる。江戸では町奉行所が帳簿で確認し、敵討実行の指令を出す。指令を受けた現地 では、竹矢来などで囲んだ場所を用意して、敵討を行わせる。敵を討った討手は、奉行所に「帳消し」の手続きを行う。(討たれた敵の親族による「再敵討(ま たかたきうち)」は許されず、返り討ちにあった討手の親族が敵討を繰り返すことも許されない)
以上が原則だが、このとおりに行われる例は稀で、そのつど便法や特例が認められていたようだ。
竹矢来を組んだ舞台、大勢集まる見物客など、江戸時代半ば以降、敵討は、幕府が公認し後援するイベントのようになって演劇化し、討手をヒーロー、ヒロイン として讃える風潮が庶民の間で広まったという。山東京伝や十返舎一九などの戯作者は、こうした現象を茶化したものを書いたという。(2008.6)


本インデックスへもどる

トップページへもどる